旅行費用はどうすれば貯めることができる?旅費を貯めるために実践していること11選を紹介します!

このブログでは”使うべきところには惜しまずお金を使うべき”という価値観の元、発信を行っています。

ですので節約は徹底し、コーヒーの副業ではちまちま稼ぎづつも、「発見」と「新しい経験」が得られる価値の高いと思う旅行にはふんだんにお金を使うようにしています。

その旅行が自分にとって刺激になるならば、そこそこのお金だって投下します。

クルーズはそのひとつの手段として思っていて、通常の旅行では得られない海から陸を望む景色、船内の街のような景色、どれも僕に刺激を与えてくれます。

では、その旅行費用はどうすればねん出することができるのでしょうか。

旅行に行きたいけれど、お金が足りないという人がほとんどだと思います。

そこでこの記事では、僕が実際に行っている節約方法や旅費の貯め方を11個ご紹介します。数字が若ければ若いほど僕の財布にインパクトがあります。

小さなことからコツコツと節約も行い、旅行に必要なお金を効率的に貯めることができます。ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

旅費を貯めるための節約法&増やし方11個

  1. 「マネーフォワード」アプリを使って家計管理
  2. 副業する
  3. 通信費を見直す
  4. 楽天カードでポイントを貯めまくる
  5. つみたてNISAを始める
  6. サブスク(サブスクリプション)利用を見直す
  7. 電気・ガス代の節約
  8. スイーツは自分で作る
  9. 要らないものはメルカリで売りまくる
  10. 銀行の手数料を減らす
  11. 旅行は早めに申し込む

「マネーフォワード」アプリを使って家計管理をする

節約を継続させるために効果的なのは、ダイエットのように数字を「見える化」してモチベーションを保ちつつ、データを見て改善を続けていくことです。

無駄な出費を最大限減らす鉄壁の防御が、「家計簿」です。

家計簿をつけることで自分が何にお金を使ったか、節約すべきポイントがどこかわかるようになります。まずはそれを把握しましょう。

「毎日記録するのが面倒だ」と思う人もいるかもしれませんが、今は家計簿アプリが数多く登場しており、簡単な入力で収支を管理できるようになっているので気軽に楽しく記録することができます。

僕が使っているのが「マネーフォワード」というアプリです。

かなり利用者が多いのでご存じの方も多いかもしれません。

アプリなのでスマホにダウンロードして使います。クレジットカードやSUICA、また投資信託などと自動連携することができ、自動で毎月の家計簿を作ってくれます。

このアプリによってどのくらい光熱費も削減できたことか。

無料でも結構使える範囲がありますが、クレジットカード等の連携する数が制限されてしまうので、僕は容赦なく有料プラン「スタンダード」コースを使っています。

Apple ID決済(iOS版アプリより申し込み)の場合、「無料」「スタンダード」「資産形成アドバンス」の3コースがあります。

  • スタンダードコース(月額プラン):480円
  • スタンダードコース(年額プラン):5,300円
    ※月額プラン480円を1年継続すると5,760円
  • 資産形成アドバンスコース(月額プラン):980円
  • 資産形成アドバンスコース(年額プラン):10,700円
    ※月額プラン980円を1年継続すると11,760円

年額で5300円必要になりますが、間違いなく300% 5300円以上の価値を感じています。

2015年から利用していますが、多分この先もずっとこのサービスを使っていうのだろうなと思っています。

まずは無料で始められるのでぜひまだ家計簿を使っていない方はダウンロードして使ってみてください。

副業する

節約という守りの行動がまず最優先ですが、ぜひ攻めの「副業」をすることも検討してください。

僕はこのブログを通じて誰もが飲むであろうコーヒーを使って月2万円稼ぐ方法を紹介しています。

コーヒーでなくても、インターネットやスマホでできる仕事や、自分のスキルや趣味を活かした仕事など、副業の種類は人の数だけ考えられます。

自分に合った副業を見つけて、収入を増やす努力を始めてみませんか。

副業は全く持って簡単なことではありません。それでも僕は副業を始めたおかげで、より旅行に出かけるお金を作ることができたと実感しています。

また、旅行の記録をこのブログのようにやSNSに投稿することで、旅行の思い出を振り返ることができる。

またたゆまぬ努力を継続すれば、ブログやSNSには広告収入やアフィリエイト収入が得られる可能性も出てきます。旅行の体験や感想、写真や動画などをシェアして、収益化を目指しましょう。

スポンサーリンク

通信費を見直す

節約方法のうち、最も手軽な方法は、口座から引き落とされる固定費、その中でも通信費を見直してください。

契約プランを変更するだけで減らせることもありますし、格安スマホやSIMに変更すれば、月1万円近く減らせることだって可能です。

ぼくは日本通信という会社の格安SIMを使っています。

3つのプランがあり、僕はその中で合理的「みんなのプラン」を利用しています。

なんたって安い!!

月10GB使えて、基本料1390円!!

日本通信の前は楽天モバイルを利用していました。

しかしさすがに通信網が弱く、地方に旅行に出かけたときが厳しかったので、致し方なくdocomoの電波が入る日本通信SIMに切り替えました。

最近は楽天モバイルでもかなり電波が入るような口コミもみるので、ギガ使い放題でもさほど

一度も見直したことがない人は、すぐに検討してみてくださいね。

楽天カードでポイントを貯めまくる

クレジットカードやポイントも活用しています!

クレジットカードは、楽天カードをほぼ全額で使っています。

新規入会とカード利用で、5000円分のポイントが貰えます。年会費もずっとかかりません。

楽天トラベルで、楽天カードで支払いを行うと進呈されるポイントが通常の2倍(楽天トラベル予約分1倍+楽天カード通常分1倍)となりますし、貯まったポイントは、国内宿泊予約などの楽天トラベルのサービスで1ポイント=1円で使えます。

あと楽天カードは楽天トラベル(国内宿泊)で使える会員限定の1,000円割引クーポンが、毎月1回利用できるんです!

楽天トラベルをよく利用するのでそれが嬉しい。

つみたてNISAを始める

いわゆる攻めの方法です。楽天証券でつみたてNISAをやっています。

来年からNISAは新しい制度になるので、色々なところで勉強をして始めるのが良いかもしれないですね。

サブスク(サブスクリプション)利用を見直す

動画配信サービスや音楽配信サービスなど、いまや私たちの生活に欠かせないサブスクサービスですが、これも使わなければ意味がありません。

使ってないのに毎月お金を払っているサービスありませんか?

僕は今Amazon primeだけ利用しています。

先日Amazon primeの年額会費が値上がりしましたが、それでも欧米に比べると日本の会費は安く感じていますし、毎回Amazonで買い物したものが送料無料というのも嬉しいです。

便利だからと契約したけれど、今はあまり使っていないものはすぐに解約を。

電気・ガス代の節約

効果は薄いですが、日々の生活で節約することも大切です。

光熱費で見直せる項目はありませんか?

ガスも電気もWifiも長期で契約してもさほどメリットはないと思っています。

めんどくさがらずに定期的に新しい契約先に変更し、乗り換えの特典や値下げを狙っていきましょう。

一度変えてしまえば、変更の仕方も覚えて、2度目以降は変更の壁も低くなりますよ。

一回目の変更が何と言っても重要です。

無駄な出費を減らして、節約した分を旅行貯金に回しましょう。

スイーツは自分で作る

甘いものやスイーツが好きですが、お菓子作りは昔から得意なので自分で作って節約しています!

チョコレートケーキ、パフェ、タルト、シフォンケーキ、フィナンシェ、ロールケーキなんでもござれです。

外食ばかりせずに、自分で作れば食費も浮くし、ストレス解消になり楽しいですよ!

要らないものはメルカリで売りまくる

物や服を売ることも一つの手段です。

これもどちらかといえば副業に近い気がします。

家の中にあって使わなくなった物や服は、メルカリで売ってしまいましょう。

なぜか重複して買ってしまった進撃の巨人の単行本がメルカリに出した瞬間ものの10秒くらいで売れたことに驚愕した記憶があります。

不要な物や服を処分することで、スペースもお金も節約できます。

銀行の手数料を減らす

大手の銀行を使うメリットはあまり感じていません!

ネット銀行を使いましょう。引き出す際のATM手数料も無料ですし、スマホからすぐ振り込むこともできます。

ぼくは楽天銀行を使っています。

グレードにもよると思いますが、サラリーマンの給料を楽天銀行に入れてもらっています。

そのため毎月5回までATMの引き下ろし手数料が無料です!

他行への振込も5回まで無料です!

旅行は早めに申し込む

旅行のためにお金をためるためには、早めに予約することも大事です。

旅行の日程が決まったら、すぐに航空券や宿泊施設などを予約しましょう。

早めに予約することで、割引やキャンペーンなどの特典を受けることができます。

また、予約をすることで旅行へのモチベーションも高めてお金を貯めることに専念します!!

星野リゾートの「星のや」や「界」ブランドでは、早割があり、お部屋が空いている場合に限りますが、30日前、60日前、90日前ごとにそれぞれ15%、20%、25%とお値打ちになります。

【番外編】ホテルじゃなくてキャンプに行く

海外からのインバウンド需要が増え、ホテル代が高騰しています。

もし、家族数人でいく場合は、それだけホテル代も高くなってしまう場合が多いため、そんなときは「キャンプ」がおすすめです。

テント用品は借りることもできますし、ロッジなどを選べば、テントを張らずに簡単に泊まれます。

宿泊人数にかかわらず、1泊数千円程度からあるので、ホテルに比べて断然安くなります。

最初はロッジ、それからテントをレンタルした後にキャンプにハマって、テントを購入する人もいます。

テントやタープなどをそろえようとすると最初は食投資として数万円はかかりますが、何度も使えばそう高くないと思います。

ちゃんとしたものを買って、保存をしっかりすれば道具やテントも10年持つと思います。

まとめ

旅費を貯めるための節約やお金を増やす方法を11個ご紹介しました。

旅行のためにお金をためる方法はいろいろありますが、最も大切なことは楽しみながら貯めることです。

節約や収入増などは苦痛に感じることもあるかもしれませんが、それらはすべて旅行のための投資です。

旅行への期待感や喜びを持ちながら、コツコツとお金をためていけたらそんな素敵なことはありません。

ぜひ、この記事の方法を試してみてください。

【PR】海外旅行の無料一括提案サービスで各旅行会社の料金をカンタン比較

新婚旅行にも、卒業旅行にも、ひとり旅にも。『タウンライフ旅さがし』は旅行者と旅行会社を繋いでくれる無料サイト。自分の海外旅行の希望を入力すれば、複数の旅行会社から同じ条件のプランの内容と見積もり金額が届きます。複数の旅行会社へ同時問い合わせで時間を節約してみる

出発日は決まって無くてもOK!【見積もり無料】海外旅行の一括見積もり

スポンサーリンク