あんこう鍋と源泉かけ流しの露天風呂で北茨城一泊2日ドライブプラン|ランチはあんこうの押し寿司も堪能

この記事では北茨城で真っ盛りの紅葉と茨城の旬の味覚「あんこう」、そして源泉かけ流しの温泉宿を楽しみ尽くす一泊2日のモデルコースをご紹介します。

11月上旬~中旬の紅葉は時期が合わないよ~という方は、水温が下がって肝が肥大化する11月から3月のあんこうのシーズンもおすすめです。

あんこうだけの目的でも行く価値がありますので、ぜひ検討してみてくださいね。

こんな方に向けて書いています。

  • 関東から行ける紅葉の名所を見に行きたい。
  • 茨城に行ってみたいけどどこに行ったらいいか分からない。
  • 冬の味覚「あんこう」を食べ尽くしたい。
  • 彼女と行くデートコースを作りたい。

スポンサーリンク

あんこうを楽しみ尽くすポイント

  1. あんこうのシーズンは11月~3月。
  2. 北茨城の海はあんこうの日本で指折りの漁場(水揚げは特に平潟漁港と大津漁港)。
  3. 鍋の種類は、あんこう鍋と郷土料理「どぶ汁」がある(調理法が少し違う)。
  4. 北茨城市磯原にある「秀寿司」では唯一あんこうの押し寿司が食べられる。

今回の1泊2日モデルコースはこちらです。

1日目


2日目

東京都内から水戸駅までは特急で1時間半ほどです。

僕は都内23区に住んでいるので今回は特急で水戸駅に行き、水戸駅でレンタカーを借りてドライブスタートです。

今回は水戸駅から徒歩5分ほどの所にある日産レンタカーさんでお借りしました。

初めて日産レンタカーを利用しましたが、免許証の手続きなどが事前にWEBチェックインできるので、他のレンタカー屋さんより便利でした。

水戸駅のレンタカー手配はネットでの事前予約が便利!

楽天トラベルで予約する

じゃらんで予約する

竜神大吊橋

  • 駐車場は有料と無料があり、第2駐車場は無料。だけど橋まで徒歩で片道10分登り坂。
  • 橋を渡るには入場料がかかる(ひとり320円)。わんこと一緒に渡ることができる。
  • 有料でバンジージャンプができる。
  • 橋を渡った先は特に景色が変わらない。
  • 橋をバッグにした写真は綺麗二撮れます!

橋の付近には屋内の売店やキッチンカーも来て、軽食やお土産が充実していますが紅葉のピークに伺ったので、閑散期になると屋外の出店やキッチンカーは怪しいです。

僕は銀杏が安く売られていたので、銀杏を購入しました。

橋を渡るのは有料ですが、わんこと一緒に歩いている方も多かったですよ。

Lutin(リュタン)で「奥久慈しゃも」のランチ

  • オシャレなランチを食べたいならココ!カジュアルフレンチのおしゃれなお店。
  • 大子町名産の「奥久慈しゃも」が食べられます!
  • 絶対に予約をしましょう。席数は20席もありません。
  • りんご農園が隣にあり、農園でもアップルパイが人気らしい。


この大子町(だいごちょう)の名産に「奥久慈しゃも」があります。

軍鶏(しゃも)肉は普通の鶏肉とは違う激しい弾力が楽しめるし、肉の旨みがじゅわっと出てくるのでソースをつけなくてもとっても美味しかったです。

今回僕は奥久慈しゃもと牛肉を分け合いました。

食べ応えがあり、男子でも満足感間違い無し。
お得なプレートランチもありましたが、今紹介した「奥久慈しゃも」の方が「肉食ったぜ!!」と
満足度が高い気がします!

アップルパイもあり、人気の商品のため出会えたらラッキー程度で考えてください。
隣にりんご農園があり、アップルパイの販売をしていましたが、午前中には売り切れてしまう事が多いそうです。

施設名奥久慈レストラン Lutin (リュタン)
営業時間11:30~14:00、17:30~21:00
定休日:木曜(第3週は営業)、第3土日
アクセス茨城県久慈郡大子町小生瀬2976-7
駐車場有り
予算1000円~2000円
奥が奥久慈しゃものソテー、手前は牛肉のソテー
スポンサーリンク

袋田の滝

  • 紅葉の時期は駐車場にも、滝を見るにもとても時間がかかる。最低でも2時間は見ておこう。
  • 駐車場は沢山あるが、滝の入場口までむちゃくちゃ遠い。
  • 滝まで距離はあったが、お店見たり、食べ歩きしていると体感としては遠くは感じなかった。
  • 滝の入り口から死ぬほど並ぶ。なぜ並んでいるかというと、滝のビュースポットまでエレベーターが2基しかないから。


紅葉の時期は一番遠い駐車場から滝の入口までは片道約15分は歩きます。駐車場が点在しているのですが、近くの駐車場にはとても停められないのでどんどん離れていきます。

なお、遠い駐車場は無料です。

入場料を払いトンネルに入ると、すごい行列ができています。これはエレベーターに乗る列ができているためです。

秋の袋田の滝は紅葉と相まってキレイだが、さほどの迫力は感じられませんでした(笑)。
しかし滝を出て出口に向かう途中に川にかかる橋を渡るのですが、この橋の上から撮ると、遠目に紅葉と橋が相まってキレイでしたよ。

エレベーターが2基しかないため、トンネル内はすごい行列になります

花貫渓谷

北茨城の観光地の中ではメジャーな観光地ですが、インパクトはイマイチでした(笑)。時期が早かったかな。

インスタだとむちゃくちゃきれいですよね…

紅葉と橋のコントラストはキレイだったのですが、紅葉はまだまだでした。袋田の滝の紅葉を10としたら花貫渓谷は5という感じでしょうか。

外国の方が多かったですね。紅葉の時期は駐車場の位置が特設されるようで、車のナビで行こうと思うと一発では行けませんでした。
橋での写真は人がたくさんいるので、人が入ってしまうことが多くタイミングを狙うのが難しい。

花貫渓谷
11月の上旬では紅葉には早かった花貫渓谷の橋
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 61e3246be911bbdefdff09285570100b-1024x576.jpg
2023年11月の駐車場状況。特設駐車場が設けられる可能性があるので、公式サイトでチェック。

紅葉の時期の駐車場は500円の有料になります。

今回の宿「五浦観光ホテル 別館 大観荘」

今回宿泊させていただいたお宿は「五浦観光ホテル 別館 大観荘」です。

【注意】なお、五浦観光ホテルは本館と別館があり、本館ではお風呂が海に面していないため、庭園風呂になっています。本館と別館でお風呂の行き来はできるようですが、源泉かけ流しの太平洋を望む露天風呂に入りたいならば「別館 大観荘」を選んでください。

旅行サイトで「五浦観光ホテル 別館 大観荘」のクチコミを見てみる

じゃらん(総合評価):★★★★☆4.00

楽天トラベル(総合評価):★★★★☆4.08

今回の主目的あんこう鍋とあんこうのフルコース

アンコウのフルコース
伺った時の献立です。時期により変わると思うので参考程度にお考えください。

あんこう尽くしの夕食。冬の味覚の代表「あんこう」、これが食べられるのが北茨城なんです!

五浦観光ホテルのある「五浦(いづら)」はあんこうが水揚げされる平潟港と大津港の間に位置しており、あんこうの名産地です。

コロナの前までは五浦観光ホテルのロビーであんこうの吊るし切りが行われていたようですが、僕が伺ったときには吊るし切りのパフォーマンスは無くなっていました。(残念!)
あん肝、あんこうの供酢、あんこうの唐揚げ、あんこう鍋を食べることができます。
臭みがなく、ぷりぷりで唐揚げにしてもコラーゲンの威力を存分に感じることができますよ!
中でもあん肝は臭みが一切なく「海のフォアグラ」と称される味は、ポン酢で食べると濃厚な滑らかさだけが残ります。

今まで食べてた「生臭かった匂いのするあん肝はなんやったんやろう?」と思うくらい驚愕の美味しさです。
鍋の出汁にもあん肝が存分に溶かされていて、オレンジ色をしています。

そのあんこうの出汁が出ていて、締めの雑炊まで全ての旨みが凝縮されていました。

これを目的に伺ったので、大満足の夕食でした。

プランの中には、あんこうがメインのコースと、その他の海鮮プランやカニプランなどもあり、その中のお鍋が北茨城の郷土料理「どぶ汁」が付いているプランもあるので、他の料理も食べたいよ!という方でもあんこうを楽しめるようです。

朝食
朝食

太平洋を眺められる源泉かけ流しの温泉露天風呂もおすすめ

露天風呂が二つあり、夜と朝で男女入れ替えになります。露天風呂からも内風呂からも太平洋を一望できる絶景が最高でした。

健康増進効果が期待できる泉質の源泉かけ流しのお湯も最高です。

じゃらんの口コミでも、お風呂の評価は4.5でした。

ホテルの外観は古め感は否めないです。しかし清潔感はあってお部屋からは海の景色が見え、朝日と海のコントラスがキレイでした。
お部屋のベランダにはベンチがあり、ぼんやりと海を眺めるだけで癒されますよ。
しかしそれを上回るあんこうのおいしさとお風呂でもう大満足です。

お風呂からの眺め
お風呂からはこんな感じの景色です。
ホテル名 五浦観光ホテル 別館 大観荘
特徴冬のあんこうと海の見える絶景露天風呂が一緒に楽しめる
住所茨城県北茨城市大津町722
アクセス首都圏から車で約2時間30分
客室72室
ダイニング大広間
温泉露天風呂あり。男女入れ替え有り。

長浜海岸

海と堤防の写真を水平に撮ることができる映えスポット。
砂浜は紫が混ざっておりキレイな海岸でした。

長浜海岸

秀寿司にて唯一無二の「あんこうの押し寿司」食す

実は秀寿司さんは、あんこうの押し寿司」を取り扱っている唯一のお店です。
以前「青空レストラン」に出演されていたようで、店内に写真など飾られていました。
外から中の様子はよく見えませんが、敷居は高くなく入りやすいお店ですよ♪
お寿司以外のメニューも豊富で、僕はあんこうの押し寿司と海鮮丼を注文しました。
あんこうの押し寿司は穴子などの押し寿司のように蒸されており、甘辛のタレが塗られていました。
あんこうは脂がのっており、昨日の夜フルコースで食べたあんこうとはまた違ったなめらかさで美味しかったです。

海鮮丼はどの切り身も新鮮で分厚かった!
複数人で行くのならばあんこうの押し寿司とそれ以外の海鮮を頼んでシェアするのが良さそうです。

施設名秀寿司
営業時間11:00~14:00、16:00~22:00
定休日:火曜日(祭日は休まず営業)
アクセス茨城県 北茨城市磯原町本町1-3-1
駐車場6台
予算1000円~2000円
アンコウの押し寿司
手前があんこうの押し寿司。奥は海鮮丼
秀寿司のメニュー

最近話題の絶景駅「日立駅」

  • 駐車場:台数は少なめだか30分無料の駐車場が数台分あります。
  • 駅と海を写すと映える。
  • エスカレーターで駅構内へ。駅構内からも海が一望できる。
  • 海と一緒に写すことのできるおしゃれなベンチがある。

駅構内にはカフェもあり、海を見ながらカフェタイムが楽しめます。

日立駅の中

水戸芸術館

特徴的な塔のモニュメントが目を引きます。
中庭には芝生やベンチもあり、水戸市民の憩いの場ともして利用されているようです。
館内には茨城を代表するコーヒー屋さん「サザコーヒー」さんもありました。
内部はコンサートホール、劇場、現代美術ギャラリーの3つの施設があり、音楽、演劇、美術の3部門でそれぞれコンサートや展示などが行われています。

中に入って2階をみると壮大なパイプオルガンが!

定期的にパイプオルガンのコンサートもされているそうですよ。
今回僕たちは現代美術ギャラリーを見学しました。
独創的な物が多く、現代美術の解釈の仕方には難しい部分もありましたが、特に印象的だったのは
部屋の真ん中に滑り台が展示してあり自由に滑りってもよいとの事…

水戸駅

最後は水戸駅でレンタカーを返却して、電車で都内まで帰りました。

休日ということもあって、水戸駅を17時台に出発する便は全席満席でした。

もしいかれる方は電車も予約をして行ってくださいね。

まとめ

都道府県の魅力度ランキングでは毎回低い茨城県。でも紅葉の時期などピンポイントで狙えば観光地はいっぱいあります。

実は友達に五浦観光ホテルの近くにある「二ツ島観光ホテル」を勧められて、茨城に行く決心をした僕たちですが、残念ながら日程を考えたときには既に部屋が埋まってしまっていて、今回は五浦観光ホテル別館大観荘に予約をさせてもらいました。

それでも「五浦観光ホテル 別館 大観荘」さんであんこうのフルコースを楽しみ、温泉を楽しめば大満足でした。

11月の第1週しか休みが取れなかったので仕方ないのですが、少し紅葉には早かった感が否めないです。あと1週間遅ければもっと赤く燃えるような紅葉が見られたのかなと思いました。

それでも1ヶ月くらい前にホテルを取ろうと思ったらかなり混んでいたので紅葉とあんこうが楽しめる11月に行きたい方はぜひ計画的に予約してみてくださいね。

魅力度ランキングが低いといえど、観光地も宿も人気ですよ!

「五浦観光ホテル 別館 大観荘」を予約する

楽天トラベルで予約する

じゃらんで予約する

【PR】海外旅行の無料一括提案サービスで各旅行会社の料金をカンタン比較

新婚旅行にも、卒業旅行にも、ひとり旅にも。『タウンライフ旅さがし』は旅行者と旅行会社を繋いでくれる無料サイト。自分の海外旅行の希望を入力すれば、複数の旅行会社から同じ条件のプランの内容と見積もり金額が届きます。複数の旅行会社へ同時問い合わせで時間を節約してみる

出発日は決まって無くてもOK!【見積もり無料】海外旅行の一括見積もり

スポンサーリンク