豪華客船クルーズの4大不安を解決!【船酔い・服装・言葉・退屈】③言葉|船内で超役立つスキマ英語とその状況について解説

  • 「(量を)少なめにしてください。」
    ▶Small portion,please.
  • 「(量を)半分にしてください。」
    ▶Half portion,please.
  • 「(寒いので)毛布を余分に一枚いただけませんか?」
    ▶More blanket,please.
  • 「ベッドを2つに分けてください。」
    ▶Please make 2 separate beds.
  • 「小さな / 大きなタオルがありません。」
    ▶We don’t have small / big towel
  • 「エアコンが効きません。寒すぎます。」
    ▶The air conditioner is not working. I’ts too clod
  • 「トイレットペーパーがありません。」
    ▶We don’t have any more toilet paper.
  • 「ランドリーの申込書がありません。」
    ▶We don’t have laundry form.
  • 「ランドリーを引き取りに来てください。」
    ▶Please come to pick up the laundry.
  • 「トイレが流れません。見に来てください。」
    ▶The toilet doesn’t flush. Please come to check
  • 「テレビが映りません。」
    ▶The TV is not working.
  • 「電灯が切れています。交換してください。」
    ▶The light bulb is out. Please change it.
  • 「セーフティーボックスが開きません。誰か寄越してください。」
    ▶The safety box has been locked. Please send someone to open it.
  • 「かぜ薬|便秘薬|点鼻薬|うがい薬」
    ▶cold medicine|medicine for constipation|nose drops|medicine for gargles

この記事では船内で主に役立つ英語をご紹介します。

本当に英語がマジでしゃべれない、と思っている方向けです

僕も英語本当に話せなくて「iphone」と「apple」しか分かりません。

それなのに添乗員をしていて、最低限これだけ使えれば、誰もいなくてもなんとか行ける、と思った最低基準レベルです。

が、役に立つと思います。

そしてなぜその英単語が必要になるのか、船内のリアルな状況もお話したいと思います。

スポンサーリンク

「Please make 2 separate beds.(ベッドを2つに分けてください)」は船内で最初に使う

これはどこで使うかというと、乗船日初日、自分の客室に入ったときに1回目だけです。

外国船に日本近郊以外で乗船した場合、かなりの確率で、客室のベッドはダブルベッド仕様になっています。

日本人の方は、ツインに分けたい方が多いので、ベッドを分けたい場合は、ハウスキーピングの方にこのように言いましょう。

Please make 2 separate beds.

因みに、ハウスキーピングは担当制です。

どのお部屋がどのハウスキーピングのテリトリーか厳格に決まっています。

そして、恐らく初日あたりに、担当のハウスキーピングから挨拶のコンタクトを取ってくると思います。

その時に言うか、もしくは、船内を早々に散策したい場合や、乗船してすぐ昼食を、バイキング会場に食べに行きたい場合は、何かの裏紙に、こう書いてベッドの中に置いておきましょう。

「Please please please make 2 separate beds!! Thank you」

と。

そうすれば心は通じます。

ハウスキーピングの方は、通常、1日2回程度(朝と夕方)客室に入ってきますので、そのときに掃除をしてくれます。

これは乗船初日から変わりません。

「Small portion(スモール ポーション)」はマジで使える

Small portionとHalf portionは、もう使う場面は一つしかありません。

メインダイニングで食事の時です。

外国船に初めて乗船した日の序盤に困るシチュエーションです。

なんったって、フルコースの量が多い。

多いから(笑)

美味しい料理もたくさん出てくるけど、食べられない。

デザート2個頼みたいけど、食べられない。

そんなときに登場するのが、「Small portionとHalf portion」ぜひ言ってみてください。

量少なくしてくれます。

色々食べましょう。

「More blanket,please(モアー ブランケット プリーズ)」は毛布がもう一枚ほしい時に。

船内はどこも温度が一定に保たれています。

たしか、大体が25度です。

ただ、女性の方は寒いです。

だいたい寒い。長袖一枚羽織って過ごす日々です。

夜寝るときも簡単な客室内の温度調整はできるとしても、それでも寒いときがあるので、余分に布団をもらっておきましょう。

そんな時に、ハウスキーピングの方に出会った時にこう言いましょう。

More blanket,please(モアー ブランケット プリーズ)

これで優勝です。

まとめ

大体の会話がハウスキーピングの方か、レストランのスタッフと話すのが多くなると思います。

船内のスタッフの方とは仲良くなるのが吉です。

笑顔があれば英語が話せなくても心は通じる。

最終日まで航海が楽しくなりますよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【PR】海外旅行の無料一括提案サービスで各旅行会社の料金をカンタン比較

新婚旅行にも、卒業旅行にも、ひとり旅にも。『タウンライフ旅さがし』は旅行者と旅行会社を繋いでくれる無料サイト。自分の海外旅行の希望を入力すれば、複数の旅行会社から同じ条件のプランの内容と見積もり金額が届きます。複数の旅行会社へ同時問い合わせで時間を節約してみる

出発日は決まって無くてもOK!【見積もり無料】海外旅行の一括見積もり

スポンサーリンク