【クルーズ】外国船が日本船に比べて安い理由と違い(日本発着クルーズ)

20代30代の方にとって、旅行が1円でも安く行くことができるかどうかは大きな問題ですよね。

「クルーズは安い」という記事は、検索すればたくさん出てきますよね。

たしかに安いです。

正確には、

クルーズ旅行は、「コストパフォーマンスが良い」「支払う金額に対する価値が高い」

というのが僕の見解です。

そして安いクルーズは往々にして、外国船です。日本発着クルーズです。

今回はお値打ちなクルーズの典型的な例と、外国船がなぜ日本船よりも安いのかの2点を解説します。

スポンサーリンク

お値打ちなクルーズとは?

クルーズは、日程の組み方のパターンとして、次の2パターンがあります。

  1. 航空機で発着地まで往復してクルーズを楽しむ「フライ&クル-ズ」
  2. 横浜港や神戸港などを起点に日本国内を周遊する「日本周遊クルーズ」

世の中で安い安いと言われているクルーズは、2番めの「日本周遊クルーズ」を外国船が行うパターンのことを指しています。

日本においては外国船による「日本発着クルーズ」とも言います。

なぜ安いのかというと、大きく理由は3つあります。

  1. 外国船が日本マーケットをターゲットに大量のお客様を集客しないといけない。
  2. 日本発着ということは、交通費(横浜へ来る飛行機代など)がおおよそかからない場合が多くなる。
  3. 話題になる船は日本船よりもランクが低いため値段設定も低くなる。

ダイヤモンド・プリンセスは日本発着クルーズを2014年より行っています。

1回の航海が1週間から10日くらいの航路としても1年間ずっと航海を続けていますから、年間30本以上の航海を行っているはずです。

1回の最大乗客数は約2700人✕30本=81000人のお客様をダイヤモンド・プリンセスだけで乗船させることができる計算になります。

無論損益分岐点はもう少し低い数値にはなると思いますが、それでもこの人数を獲得していくのは大変ですよね。

そのためにっぽん丸や飛鳥よりも手軽な値段設定でクルーズを体験したことが無い方にも届きやすい料金でより多くのお客様に楽しんで頂きたいという思いも込められているのでは無いでしょうか。

また日本発着クルーズは、日本へ来られる外国人の方にも人気です。

特に春の桜の時期のクルーズは外国人の方が多く乗船されているイメージです。

クルーズは、必要な料金の「殆ど」がすでに含まれている

後出しジャンケンが嫌いなので、先に言っておきます。

クルーズの記事やブログを読んでいると、クルーズには「全ての」料金が含まれていると記載があります。

必要な費用が全部含まれているは本当でもあり、嘘でもあります。

✓移動費用(新幹線や飛行機の代わり)

✓宿泊(ホテルの代わり)

✓船内の食事(通常レストランのみ)

✓メインシアターで行われるダイナミックなショーと船内エンターテイメント

ご覧の通り、旅行を形成する最低限の費用が含まれている、というのが見てわかるかなと思います。

クルーズ代金に含まれていないもの

続いてクルーズ代金に含まれていないものを見ていきましょう。

 
ミルク好きなにゃんこ
殆ど含まれているって言ったくせに、結構含まれていないものがたくさん(笑)
 
みったまん
ご、ごめん

✓カジノ代(外国船の場合)

✓アルコール代

✓有料レストラン(ハイグレードレストラン)

✓大浴場と露天風呂(ダイヤモンド・プリンセスに限る。日本船は無料)

✓ビンゴなどの有料イベント

✓寄港地での観光

より満足度が高いものにするための費用は「別料金」になってしまう、ということ。

これを「全ての」費用として見込まないのかどうかで考え方が変わります。

しかし、先に言っておきます。クルーズに乗ったら間違いなく、有料レストランも行きたくなるし、カジノもやってみたいと思うし、大浴場のお風呂も入りたくなってしまうのが人間の性です。

アルコール代

アルコールはプレミアム客船やカジュアル客船では、殆どが有料です。

ラグジュアリーな船に乗ると、オールインクルーシブというサービスになっている場合があるので、その場合はアルコールも無料になる場合があります。

スポンサーリンク

有料レストラン(ハイグレードレストラン)

外付けで必要なお金として一番使いたくなるのはこの有料レストランではないでしょうか。

ダイヤモンド・プリンセスであれば、「サバティーニ」という有料イタリアンがあります。

一定のお金を払えば、そのレストラン内で渡されるメニューは全て他飲み放題、としている所が多いです。

大浴場と露天風呂(ダイヤモンド・プリンセスに限る。日本船は無料)

ダイヤモンド・プリンセスには大浴場が搭載されています。

有料です。

ただし日本船の場合は、飛鳥もにっぽん丸も無料です。

寄港地での観光

こちらは船内で使うお金ではありませんが、寄港地での観光にかかる費用も勿論含まれていません。

クルーズという旅行は、もちろん港に寄港します。

港は海運がある程度発展した街に造られます。

海運がある程度発展した街には歴史があります。

歴史がある港は、観光施設や観光箇所も点在し、港から徒歩で観光できる所が多い、という傾向が強いように感じています。

※全ての港が該当するわけではありません。

寄港地観光付きクルーズは「クラブツーリズム」

外国船がなぜ日本船より安いのか

日本船は外国船に比べ全体的に割高です。

その分船内の対応は費用をかけているだけのことはある、と思っています。

日本船では日本人向けの「おもてなし」や和食を組み込んだ特別なお食事や、日本人がより楽しむことができるサービスが受けられ、満足度の高いクルーズを楽しむことができるはずです。

日本人クルーズ客の行動様式に合わせた施設とサービス体系を導入している。

外国人スタッフも乗船しており、国際的な雰囲気を大切にしながらも、日本語、和食、展望風呂、日本発着、ノーチップ制度などの「和のサービス」という特色を生かしている、と言えます。

初めての外国旅行、初めてのクルーズ、一人参加でも安心して楽しめる、という魅力があると思います。

では一方で、安い外国船は中身は大したことないやろ?と言われることもあります。

それは間違いです。本当にだまされたと思って外国船に乗ってみてください。

外国船も十分に楽しい(笑)

カジノがあるし、食事やエンターテイメントは日本船よりも多様です。

では、外国船が日本船よりも安くなる大きな違いはなんだろうか?
  • 乗組員一人当たりの乗船客数が外国船のほうが少ない。
  • 外国船には、「カジノ」や「免税店」という収益源もある。

乗組員一人当たりの乗船客数が外国船のほうが少ない。

つまり安い価格帯のクルーズは規模の大きい船が多く、一度に大勢の乗客を乗せることで、人件費を含め、費用を按分し、価格を抑えているということです。

日本船の代表として「飛鳥Ⅱ」と外国船の代表として「ダイヤモンド・プリンセス」を比較してみましょう。

【飛鳥Ⅱシップデータ】

■総トン数/50,444トン

■乗客数/872名 
■乗組員数 約490名 

■乗組員一人当たりの乗船客数/1.77名
■船籍港/横浜 

【ダイヤモンド・プリンセス】

■総トン数/115,875トン

■乗客数/2,706名
■乗組員数 約1,100名

■乗組員一人当たりの乗船客数/2.46名
■船籍港/英国 

この中で料金差が出るのが、「乗組員一人当たりの乗船客数」という部分ですね。

つまり1人当たりのお客様に何人のスタッフがサービスできるかの人数です。

この人数が少なければ少ないほど、手厚いスタッフ数で一人のお客様のサービスを見ている、ということになります。

外国船には、「カジノ」や「免税店」という収益源もある。

日本船と外国船の違いの一つにカジノがあります。

日本船は日本の法律にのっとっているものですから、カジノはできません。

しかし外国船は、領海を超えた所を航行している間は、船内にあるカジノがオープンします。

ここで皆お金を落としてくれるわけですね。

特にコロナ前は中国人の方が特にカジノでお金を使っていただけるので、ロイヤル・カリビアン社などはこぞって中国発着や中国に寄港する航路を優先していたように思います。

最終的には、日本船、外国船それぞれに比較できないマイナスイメージもプラスイメージも浮かぶけども、クルーズの魅力はどちらも変わらない。

結局はそれぞれみんなの好みかな~という感じです。

20代30代向けの短い日数の航路探しが難しい。

 ぼくは20代30代の方にクルーズにもっと乗って欲しいと思っているので、お値打ちでコスパの良い外国船をオススメしています。

しかし、ここで最大の敵が日数なんです。

どうしても皆さんお仕事があるので、中々長期でのお休みを取るのが難しいですよね。

一年間ずっと日本近海を航海しているダイヤモンド・プリンセスの航路の中でも一番短いもので、5泊6日です。

2023年の参考/神戸発着

クルーズはどうしても日数が長くなる傾向があります。

日本発着においての、日数が長くなる理由をぼくは2つ考えています。

  • カボタージュしなければならない。
  • 日本は単なる欧米のディスティネーションに過ぎない。

カボタージュとは、つまり「外国の船や飛行機は日本国内のみの運航ができない」ということです。

外国にワンタッチしなければならないので、どうしても日数が長くなりがちです。

もう一つの理由が、インバウンドかなと思っています。

日本を発着するクルーズは、海外のお客様にとても人気です。

特に桜の時期なんか。

インバウンド誘致という側面では効果絶大ですが、日本人が乗りやすい航路かは別の話になってしまう。

これは、「日本は単なる欧米のディスティネーションに過ぎない」というプリンセス・クルーズの戦力が出ているかな~と少し考えています。

これを日本人向けの航路をどんどん増やしていくには、日本人ががんがん乗って、日本人が楽しむことで増えていくのかな、と思っています。

だから、みんな日本発着クルーズ乗りましょう。

まとめ

日本では、老いも若きも年令に関係なく楽しみ、クルーズは高くて手が出ないといった誤解を持つ人は未だ多いイメージです。

もちろん一部セレブの方を対象に運航する超高い船もありますが。

外国船クルーズ、みんな一緒に乗ろーぜ!!!

2023年運航再開!ダイヤモンドプリンセス|全食事付き夢のクルーズが5.6万〜。選べる新料金プランで充実。横浜・神戸発着が大人気。クルーズ専門ベストワンクルーズで最安値予約best1cruise.com

【PR】海外旅行の無料一括提案サービスで各旅行会社の料金をカンタン比較

新婚旅行にも、卒業旅行にも、ひとり旅にも。『タウンライフ旅さがし』は旅行者と旅行会社を繋いでくれる無料サイト。自分の海外旅行の希望を入力すれば、複数の旅行会社から同じ条件のプランの内容と見積もり金額が届きます。複数の旅行会社へ同時問い合わせで時間を節約してみる

出発日は決まって無くてもOK!【見積もり無料】海外旅行の一括見積もり

スポンサーリンク